1都3県の平均坪単価は24.7%上昇(2021年6月度分譲実績)~月例新築マンション動向発表New

新築マンションのビッグデータを活用し、不動産マーケティングプラットフォーム事業を行う株式会社マーキュリーは、Realnetニュースにて独自調査による新築分譲マンションの最新動向を発表。今回は、2021年6月度分譲実績データとなっている。

集計対象エリアは首都圏及び関西圏となっており、それぞれのエリア別相場情報、需給動向、着工件数等を集計。また、前年同月における比較や市区別、駅別の供給ランキング等も算出している。

■首都圏トピック

一都三県で2,831戸が供給され、前年同月の2,514戸と比較し12.6%増加した。神奈川県下エリアでは6月の供給は166戸で、前年同月の49戸と比較すると、238.8%増加。
平均坪単価は、一都三県で337.3万円となり、前年同月比では24.7%上昇している。しかし、東京都下では235.4万円で13.8%下落した。

首都圏エリア別供給状況
首都圏エリア別供給状況・前年同月比

首都圏市区別供給上位10・駅別供給上位10

首都圏エリア別供給・月次推移
首都圏エリア別供給・月次推移

首都圏エリア別着工件数・竣工件数・前年同月比

■関西圏トピック

関西圏では818戸の供給があり、前年同月の873戸と比較すると6.3%の減少となった。京阪・東大阪エリアでは66戸が供給され、前年同月の22戸と比較し200%増加した。
平均坪単価は関西圏で269.9万円となり、前年同月比で6.8%の上昇。しかし奈良県では158.1万円で17.5%下落した。

関西圏エリア別供給状況

関西圏エリア別供給状況・前年同月比

関西圏市区別供給上位10・駅別供給上位10

sub10
関西圏エリア別供給・月次推移

                                                  株式会社寧広