高まる日本不動産への投資意欲、中華圏の投資家93%が「海外への渡航が可能になれば、物件を見に行く」と回答New

株式会社GA technologies[GAテクノロジーズ]のグループ会社である、株式会社神居秒算は、中華圏最大級の日本不動産プラットフォーム(※1)「神居秒算」にて不動産投資に関心がある中華圏の投資家132名に、「コロナ後の不動産投資と海外旅行」について調査を実施した。

調査結果から、93%の中華圏投資家が「海外への渡航が可能になれば、物件を見に行く」と回答。また、同調査において、投資家の26%が、「自身の貯蓄5割以上を日本不動産へ投資することを検討している」と、日本不動産に対する中華圏投資家の投資意欲が高い傾向にあることが明らかになった。

main

神居秒算社では、本調査結果も踏まえ、今後、中華圏の投資家がより多くの日本不動産を検索できるよう、神居秒算の日本国内不動産仲介会社向け新料金プランの提供(※2)を開始した。

(※1)神居秒算社調べ
(※2)神居秒算の国内不動産仲介会社向け新料金プランの金額については問い合わせを

■調査概要

調査時期 :2021年9月1日(水)~ 29日(水)
調査対象 :神居秒算ユーザーの男女132名
調査方法 :インターネット調査

■中華圏の投資家、高まる日本不動産への投資・渡航意欲

同調査では、中華圏の投資家93%が「海外への渡航が可能になれば物件を見に行く」と回答した。

また、「現在、あなたの貯蓄のうち、日本の不動産に投資しようとしている割合はどのくらいですか?」という質問に対し、26%の人が「貯蓄の5割以上を投資しようと検討している」と回答。これに続き26%の人が3割、21%の人が2割の貯蓄を日本不動産へ投資することを検討していると回答する等、コロナ後の日本不動産投資に対する関心度の高さが明らかになった。

sub2

さらに、日本不動産への投資タイミングに関し、「今がチャンスだと思っている」と回答した人は全体の約56%、また、コロナ後の海外渡航先として「日本」が1位に選ばれた。

sub3

■日本の不動産仲介会社と中華圏の投資家を結ぶ

神居秒算社は、「テクノロジーでグローバルの橋を構築する」を経営理念として掲げ、日本の不動産仲介会社と中華圏の投資家を結ぶプラットフォーム「神居秒算」を運営している。「神居秒算」は、2021年1月から7月で累計約260万PV(ページビュー)、約60万UU(ユニークユーザー)と、日本不動産の検索サイトとして、中華圏投資家からの注目を集めている。

sub1

2021年3月には、契約などの慎重なコミュニケーションが求められる業務には、専門のサポートチームによる営業サポートサービスを提供することにより、言語や商慣習の壁を乗り越え、より多くの日本の不動産事業者が物件を掲載できるようにした。これにより、事業者に対しては中国市場へのビジネス機会の拡大を、投資家に対してはより多くの日本の物件紹介を可能にした。

また、昨年末には、仲介会社と不動産投資家とのマッチングに留まらず、不動産仲介業務のデジタル化やテクノロジーによる営業フローの改善に寄与するため、「神居秒算」内に不動産広告図面の作成や、CRMによる顧客管理機能を追加している。

<基本機能(不動産仲介会社向け)>
・中華圏投資家への日本不動産物件紹介
・物件情報の広告図面作成・自動翻訳機能「図面くん」
・内見時の同行・通訳やサポートといった営業サポートなど