“駅近”離れが加速! ~マンション購入で、駅近重視がコロナ前より12.7%減少

マンションの資産価値が一目でわかるアプリ「カウル」を運営する株式会社Housmartが、2020年に引き続き、新型コロナウイルスの影響でマンション購入における希望条件に変化がないか、カウル会員の登録情報をもとにデータ分析を行った。

その結果、コロナ前である2019年に比べて、2021年は「駅徒歩」を最も重視する人が12.7%減少していることがわかった。一方、2021年は「広さ」を最も重視する人が6.5%増加しているという。

■お部屋探しで最も重視するポイントは?

画像提供/Housmart
画像提供/Housmart

お部屋探しの優先順位についての登録内容を分析した結果、「駅徒歩」を最重要視している人が2019年は全体の24.2%だったのに対し、2021年は11.5%と12.7ポイント減少した。

一方、「広さ」を最重要視している人が2019年は全体の26.0%だったのに対し、2021年は32.5%と6.5ポイント上昇。

なお、「資産価値」を最重要視している人がどちらの年も30%以上を占め、No.1の項目になっている。

■株式会社Housmart 代表 針山昌幸氏のコメント

「2019年に比べて2021年は“駅徒歩”を最も重視する方が12.7%減少している一方で、“広さ”を最も重視する方が6.5%増加しました。

2020年に引き続き伸びていることから、テレワークの普及によって、通勤時の駅距離よりも自宅で働ける場所の確保したいというニーズが定着化したと考えられます。

また、引き続き“資産価値”が最も重視されている背景には、日本経済の先行きへの不安から『価値が確かなものを購入したい』というニーズが強いことがうかがえます。」

◎株式会社Housmartについて

ハウスマートは 「住を自由に」 をミッションに掲げ、テクノロジーとデザイン、不動産の専門知識を融合させ、「住」の概念をもっと自由なものに進化させることを目指す。

提供サービス:
中古マンション提案アプリ「カウル
マンション情報メディア「マンションジャーナル
不動産データベース「カウルライブラリー」の運営
YouTube「カウルチャンネル

■今回の調査概要

データ対象期間:2019年5月1日~2019年7月31日、2020年5月1日~2020年7月31日、2021年5月1日~2021年7月31日
対象者:マンションの資産価値が一目でわかるアプリ「カウル」の会員
回答件数:2019年・5,259名、2020年・5,010名、2021年・5,533名

                                                 株式会社寧広