築60年の団地を1棟丸ごとリノベーション。「アンレーベ横浜星川」の取り組みをYouTubeチャンネルで配信New

神奈川県住宅供給公社は、“みらいへのプロジェクト”として、これまで公社が行ってきた取り組みや、これから始める取り組みなどの動画を、公式YouTubeチャンネルにて配信する。

その第一弾として、築60年以上が経過した「団地」を、1棟丸ごとリノベーションした「アンレーベ横浜星川」(保土ヶ谷区)の事例を紹介。

既存ストックの活用として、建物寿命90年を目指して4つの取り組みにチャレンジしたもので、「外断熱改修」、「リノベーション」、「排水竪管(たてかん)の屋外化」、「全戸居ながら工事」の4つのチャレンジを実際にプロジェクトに携わった担当者の声や資料で説明する。

「アンレーベ横浜星川」(保土ヶ谷区) 
「アンレーベ横浜星川」(保土ヶ谷区) 画像提供/神奈川県住宅供給公社

神奈川県住宅供給公社“みらいへのプロジェクト”
 1棟丸ごとリノベーション「アンレーベ横浜星川」

「アンレーベ横浜星川」の詳細

■物件概要
所在地  :横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘1-18-28
交通   :相鉄本線「星川」下車徒歩14分
JR横須賀線「保土ヶ谷」下車徒歩16分
構造   :壁式鉄筋コンクリート造
規模・戸数:地上4階建、1棟、32戸
竣工年  :1954年
改修年  :2019年
改修設計者:馬淵建設株式会社
改修施工者:馬淵建設株式会社、株式会社池田電気工事、株式会社アクアテック
※工事完成後「アンレーベ横浜星川」に建物名称を変更。
「アンレーベ」とは、戦後昭和の高度経済成長期に産業の発展とともに多く建設され、かつて「夢の団地」と言われていた団地の利活用を目指した事業において、「夢」をキーワードにフランス語の夢「REVE(レーヴ)」に不定冠詞「UN(アン)」を付けた造語。

                                                 株式会社寧広