投資用コンパクトマンションの価格と賃料の相関から見る「利回り」の実態 ~投資用中古マンションレポート 2021年9月vol2~New

投資用マンションは、対象不動産が将来生み出す純利益を想定して価格が算出される。そのため「賃料」と「売却価格」には大きな相関があるが、近年では40m2以下の投資用コンパクトマンションの賃料相場と売却相場の成長率に大きな開きがあるようだ。

マンションナビを運営するマンションリサーチ株式会社は、都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)における投資用コンパクトマンションの賃料相場および売却相場の変動率を比較し、エリア毎の利回りの実態を検証した。

■都心5区のコンパクトマンション価格は高騰!利回りは下降傾向に

表1:築年帯別推定利回年間平均成長率

マンションリサーチ(株)調べ
マンションリサーチ(株)調べ

「表1」は、直近5年間における築年帯ごとの年間平均利回りの推定成長率。
※「年間平均利回りの推定成長率」は前年と比較して、平均的に何%成長したかを示す。

千代田区および渋谷区の「1982年~2000年築」の投資用コンパクトマンションのみプラスの成長が見られたものの、ほとんどがマイナス成長となっている。
その一方で都心5区は、以下の「表2」で示す通り、全体的に賃料水準に大きな変動がなく微増減もしくは横ばいという状況。

表2:築年帯別推定賃料年間成長率

マンションリサーチ(株)調べ
マンションリサーチ(株)調べ

この事は、賃貸収入は変わらいないのに物件価格のみが大きく高騰している事を示している。したがって都心5区のコンパクトマンションの物件価格は割高傾向にあると見られる。ただし、割高感がある今は売り時としては好機ともいえるかもしれない。

同社では、プレスリリース以外にも、都心5区それぞれの動きについての「エリア別詳細記事」も掲載している。