恒大問題の行方は?不動産起業しコングロマリット化した中国大手が破綻危機!融資の過信は禁物か・・New

中国・広州
中国・広州

許家印氏が38歳で起業、280以上の都市で展開する不動産会社に
経営の多角化を進め、サッカーチームやEV事業も

中国の不動産開発大手「恒大集団」が綱渡りの経営を続けている。創業者が30代後半で起業し、今や中国トップ級の民間企業までのし上がった同社は、債務不履行(デフォルト)の危機がささやかれつつ、何とか資金繰りをつけて乗り切っている。

背景にあるのは、中国政府による過熱した不動産市場潰し。政策の転換でどんな大企業でも危機に瀕しうる事実は、無防備に融資を増やして不動産へ投資する恐さを示しているといえるかもしれない。

恒大集団は、許家印氏が1996年、38歳のときに創業した。貧しい生まれの出で、鉄工所や貿易会社で働いた後、広東州・深?で不動産を手掛ける恒大を立ち上げた。

中国政府の改革開放路線による追い風と許氏自身の手腕により恒大は急成長し、280以上の都市で事業を手掛けるようになった。許氏自身は米誌「フォーブス」が2017年11月に発表した「中国の富豪400人」のランキングトップとなっている。

恒大は経営の多角化も進めてきた。広州のサッカークラブを傘下におさめたり、電気自動車(EV)の開発に乗り出したり。ミネラルウオーターの販売や病院経営も手掛けてきた。

融資を受けて事業を拡大し、返済のため借金を重ねる手法には以前から危うさを指摘する声があった。しかし、不動産事業を起点とし、コングロマリットとも言うべき一大企業集団を築き上げたそのキャリアは、不動産投資家のロマンをかき立てるのに十分gといえるだろう。

習近平政権のバブル潰しでピンチ、負債は33兆円
香港の豪邸はオリックスの抵当に 資産売却も焼け石に水

中国・北京の天安門
中国・北京の天安門

潮目が変わったのは、習近平政権が不動産に関する締め付けを始めたことだ。中国では、不動産業界が中国経済の牽引役と位置づけられてきたが、住宅をはじめとする不動産の価格が高騰し、庶民では手が出ないバブルの状況に。

習政権は、貧富の格差をなくす「共同富裕(=ともに豊かになる)」思想のもとバブル潰しを始め、金融機関に不動産向け融資を絞るよう命令。恒大はたちまち資金繰りに窮し、これまでの借金を返すことができなくなった。

恒大の危機が注目されるようになったのは今年9月のことだ。ドル建ての社債の利息を資金不足が払えなくなり、デフォルトの危機に瀕していると報じられた。負債は約33兆円で、中国の国内総生産(GDP)の2%に達する。

このときの社債の利払いはなんとか乗り切ったが、その後も利払いなどで危機的な状況が続いているという。資金調達の手法はギリギリだ。

たとえば、EV関連企業やオフィスビル、社用ジェット、傘下のインターネット企業の全株式などの売却。美術品、書道作品などを含む許氏の個人資産も売られ、香港にある豪邸は日本の金融大手、オリックスの抵当に入れられたと報道されている。

しかし、これだけのことをしても、恒大の財政状況にとっては「焼け石に水」とされる。

最近も米格付け会社S&Pグローバル・レーティングが、恒大がデフォルトとなる可能性が依然高いと指摘するリポートを発表した。

恒大は、各地で中止していた住宅の建設を再開したとアピールしていたが、S&Pは恒大の住宅事業が行き詰っていると判断した。

不動産投資の融資返済も政策変更あれば恐いという教訓
恒大破綻による日本経済への影響にも注意を

4336034_m

恒大の問題から読み取れるのは、不動産投資において、無謀に融資へ頼りすぎると、政策変更で窮地に陥り一気に危機に陥ってしまうという事実だ。

もちろん、日本はかつての政府によるバブル潰しが今に至るデフレ経済につながった教訓もあり、政府がいきなり融資を絞るような愚かなことはしないだろう。同時に、新型コロナウイルス禍で経済が傷んでいる今の日本では、金融機関が積極的に融資にの意出す状況ではない。

しかし、今後、コロナ禍を脱したり、統合などにより地方銀行の経営が健全化したりすれば、再び不動産向け融資は活発する可能性が高い。そのときは不動産賃貸経営を拡大させるチャンスだが、受ける融資を増やすにあたっては、慎重に事を進めることが重要だ。

コロナをきっかけとしたライフスタイルの変化で、賃貸需要もこれまでの知見からは読めなくなるかもしれない。

一方で恒大が破綻すれば中国経済が冷え込み、中国との交易が多い日本経済の悪化につながる恐れがある。日本企業の収益悪化や賃金削減が進めば、賃貸需要も減退するだろう。

恒大問題を少しでも自身の賃貸経営の教訓とできるよう、今後も動向を注視したい。

                                                  株式会社寧広