売主別中古マンション値上がり率ランキング~関東1位は6年連続、日鉄興和不動産、関西1位は5年連続、阪急阪神不動産New

分譲マンション購入・売却検討者27万人を有する分譲マンションのセカンドオピニオンサイト「住まいサーフィン」(スタイルアクト株式会社運営)は、売主別中古マンション価格の値上がり率ランキング(2021年関東版・関西版)を発表した。

同調査は、2008年以降に竣工した首都圏・関西圏の新築分譲マンションを対象に各住戸の新築分譲時の価格と、2020年10月から2021年6月までの間に中古マンションとして売り出された価格の値上がり率を算出し、2021年10月迄の経過年数で除算することで年間当たりの値上がり率を算出し、ランキングしている。関東圏は20棟以上、関西圏は15棟以上ののサンプルがあるデベロッパーが対象。

■関東売主別1位 6年連続 日鉄興和不動産

関東売主別値上がり率ランキングは、1位は日鉄興和不動産、2位は三井不動産レジデンシャル、3位は東急不動産となった。

関東1位の日鉄興和不動産は、都区部や政令指定都市などを中心に、「リビオ」ブランドで都市型のライフスタイルを意識したマンションを供給している。首都圏を中心に土地を厳選し、富裕層や単身者・ファミリー層など幅広いターゲットの多様なニーズに合った商品を企画することで、物件に対する品質評価と立地の希少性の双方が中古市場でも高く評価され、関東圏において6年連続で値上がり率1位となった。

2位の三井不動産レジデンシャルは、大手デベロッパーとして幅広いエリアに多くの物件を供給しながらも、各立地に適切なブランドでの提供で、その中でも特に都心部の物件やパークタワーなど都市型大規模タワーの価格上昇が大きく寄与し、関東の値上がり率2位となった。
また、同社の物件は入居後の管理満足度における同社調査(※1)において2位となっており、資産性と入居後の満足度のいずれにおいても高い競争力を有していることが分かった。

3位の東急不動産は、東急電鉄沿線といった高い人気を誇るエリアを中心に、都心、ならびに文京区といった値段が下がりにくい学区人気の高いエリアに「ブランズ」シリーズを供給する大手デベロッパー。

<図表:売主別中古マンション値上がり率のランキング(関東圏)>
main

(※1)入居後の管理満足度における当社調査とは、分譲マンションに特化した「住まいサーフィン」会員27万人のうちマンション購入済みの入居者や全国の大規模マンションの理事長様などに対し、管理状況に関する満足度について調査した。より正確に入居者の声を聞くことを目的とした管理会社に関する調査となっている。

■関西売主別1位 5年連続 阪急阪神不動産

関西売主別値上がり率ランキングでは、1位は阪急阪神不動産、2位は三井不動産レジデンシャル、3位は大和ハウス工業となった。

関西1位の阪急阪神不動産は、京阪神の中でも特に人気が高い阪急沿線や、マンションの供給が比較的難しい京都市内などを中心にマンションを供給している。阪急阪神不動産のマンションブランド「ジオ」は、関西の中で比較的高額なブランドとして認知されているが、更に価格を上昇させたのは、沿線全体の開発による底上げや、地域貢献などのブランドイメージと、購入者の期待を裏切らない品質によるもので、関西圏の値上がり率5年連続1位となった。

2位の三井不動産レジデンシャルは、大手デベロッパーとして幅広いエリアに多くの物件を供給しながらも、各立地に適切なブランドでの提供で、現在の不動産市場においても多くの世帯が購入できる価格でマンションを供給し、関西の値上がり率でも2位となった。

3位の大和ハウス工業は、マンションブランド「プレミスト」を有する総合デベロッパーとして、創業の地である関西地方以外にも幅広くマンションを供給している。「住まう方々にとって資産価値が高いだけでなく、社会・地域にとっても付加価値の高いマンションづくり」をコンセプトに掲げており、「地域全体の付加価値」という総合デベロッパーの強みを生かした物件供給が特徴的。

<図表:売主別中古マンション値上がり率のランキング(関西圏)>
main

中古値上がり率:新築販売時と中古売り出し時のマンション価格を比較し、価格が上がったか下がったかを%で表現したもので、マンションの資産価値を示している。

計算式:中古値上がり率=中古売出価格/新築時価格/経過年数

※少数事例による誤差を抑制するため、総戸数10戸未満のマンションならびに事例数が5件未満のマンションは除外。発表は上記を満たすマンション数を15棟以上販売した売主上位10社のみを公表している。一部JV物件含む。

                                                 株式会社寧広