基準地価発表。全体では-0.4%下げ幅縮小。下落率ワースト1位は大阪・道頓堀、新宿歌舞伎町も大幅下落。 コロナで商業地は悪化、住宅地は改善 New

商業地で基準地価の下落率ワースト1だった大阪・道頓堀周辺
商業地で基準地価の下落率ワースト1だった大阪・道頓堀周辺


東京、名古屋は改善も大阪は9年ぶりマイナスに

地方圏は0.6%下落ながらもマイナス幅改善

国土交通省が21日、7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表した。それによると、全用途の全国平均は前年比マイナス0.4%と、2年連続で下落した。ただ、下落幅は0.2ポイント小さくなった。このうち商業地は、新型コロナウイルス禍の長期化で人流の抑制やインバウンド(訪日外国人客)の消滅があり下落幅を拡大。一方、住宅地は改善をみせた。

新型コロナワクチンの接種が広がり、感染「第5波」は峠を越えたとの見方があるものの、まだ収束にいたりそうにない。インバウンドの消滅や外出自粛、消費活動の低迷が引き続いて地価や不動産市況に影響を及ぼすのは間違いなく、不動産投資家も注意してみていきたい。

基準地価表

今回の基準地価での最高価格は東京都中央区の「明治屋銀座ビル」で、1平方メートルあたり3950万円だった。最高価格となるのは16年連続だが、昨年からは3.7%(150万円)下落した。

東京圏、大阪圏、名古屋圏の3大都市圏をみると、昨年は横ばいだったが、今年は0.1%上昇に改善。東京圏が0.1%から0.2%に上げ幅を拡大し、名古屋圏が0.8%下落から0.5%上昇へとプラスに転じたものの、大阪圏が0.0%から0.3%下落へとマイナスに転じた。

また、地方圏も0.8%下落から0.6%下落へと、以前マイナス圏ながらも下げ幅を縮め、わずかながら改善した。

商業地は0.5%へ下げ幅拡大 ホテル・飲食店需要が後退
下落率ワースト1位は大阪・道頓堀、2位は同・なんば

用途別にみると、商業地は前年の0.3%下落から今年は0.5%下落へと下げ幅が広がった。変動率がマイナスの自治体は、前年の36道県から今年は41都道府県へと増えた。

国内外からの来訪客が増え、店舗、ホテル需要が拡大してこれまで地価が上昇してきた地域や、飲食店が集まる地域では、コロナ禍による需要の減退や先行きの不透明感から下落が続いているようだ。

とくに大阪圏の悪化が目立ち、9年ぶりにマイナスとなった。

全国のうち下落率ワースト1位は大阪市の道頓堀エリア(同市中央区宗右衛門町)で18.5%下落、ワースト2位は大阪市のなんばエリア(同市中央区難波)で16.6%下落と、ともに大阪有数の繁華街が占めた。

東京都内でも、新宿区歌舞伎町が10.1%下落、中央区銀座が9.0%下落と大きく下げている。

歌舞伎町

商業地を圏域別にみると、大阪圏が前年の1.2%上昇から今年は0.6%下落とマイナスに。地方圏も0.6%下落から0.7%下落へとマイナス幅が広がった。

一方で、名古屋圏は昨年の1.1%下落から、今年は1.0%上昇と、プラスに転換。東京圏は昨年の1.0%増から今年は0.1%増へとプラス幅を縮めた。札幌、仙台、広島、福岡4市も再開発事業の進展などへの期待から上昇したものの、やはりプラス幅は鈍化した。

住宅地は0.5%下落へ下げ幅改善
都市中心部、交通の便が良い場所は依然人気

一方、住宅地をみると0.5%の下落で、前年の0.7%下落からマイナス幅が縮小した。

雇用や賃金をめぐる環境がいまだに良くなく、高額の物件に対しては慎重な人が多いため、価格の下落が続いているとみられる。

しかし、都市中心部の希少性が高い住宅地や交通の便が良い住宅地は上昇が続いた。変動率がマイナスの自治体は、昨年の42道府県から今年は38府県へと減少した。

圏域別では、昨年0.2%下落だった東京圏が今年は0.1%上昇になり、昨年0.7%下落だった名古屋圏が今年は0.3%上昇になるなど、それぞれプラスに転じた。一方で大阪圏も0.4%下落から0.3%下落へとマイナス幅が縮小しており、改善の傾向がみられる。

地方圏も昨年の0.9%下落から0.7%下落へとマイナス幅が縮小した。

住宅地の上昇率トップは沖縄県宮古島市の22.9%上昇。リゾート開発が進んでいることが後押しした。一方、下落率トップは熊本県球磨村で19.2%の下落。昨年7月の豪雨で被災したことが影響した。

宮古島の空撮
宮古島の空撮

このほか、新型コロナ禍でネット通販が増え、物流施設の需要が高まったことなどで、工業地が0.8%上昇。4年連続のプラスとなった。

コロナ禍の悪影響をもろに受ける地価がある一方、再開発やリゾート開発、物流施設の建設などで地価が上昇するエリアもある。不動産投資家は、こうした動向を総合的にみながら地価や不動産市況の先行きを見極め、みずからの経営戦略にいかしたい。

                                                  株式会社寧広