区分マンション、20政令都市中18都市で利回り下降(2021年上半期政令指定都市住宅系収益不動産「高利回りランキング」)

不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家( けんびや) 」を運営する健美家株式会社( 本社:東京千代田区、代表取締役社長:倉内敬一) では、同サイトに2021年1月~6月に登録された新規物件を集計し、区分マンション、一棟アパート、一棟マンションの住宅系収益不動産について、政令指定都市別の利回りを調査しました。その結果をお知らせいたします。

■全種別で利回りが上昇したのは、新潟市。

全20都市のうち、利回りが上昇したのは、区分2都市、一棟アパート7都市、一棟マンション7都市(※以下すべて前期比)となった。区分マンションは、上昇は2都市のみで、18都市で利回りが下降するという結果になった。
全ての種別で利回りが上昇したのは新潟市。下降したのは、札幌、静岡、京都、広島、岡山、熊本、大阪、北九州の8都市となった。
連続上昇したのは、区分が新潟の1都市、アパートが横浜、名古屋、堺の3都市、一棟マンションがさいたま、新潟、浜松、名古屋の4都市であった。

【健美家PR】政令指定都市別2021年上半期投資利回り_全種別ランキング

【健美家PR】政令指定都市別2021年上半期投資利回り_区分

【健美家PR】政令指定都市別2021年上半期投資利回り_一棟アパート

                                                  株式会社寧広