全国主要都市の「賃貸マンション・アパート」 募集家賃動向(2021年5月)発表

不動産情報サービスのアットホーム株式会社が、不動産情報ネットワークで消費者向けに登録・公開された、居住用賃貸マンション・アパートの募集家賃動向について、2021年の5月の首都圏(1都3県)、仙台市、名古屋市、大阪市、福岡市データを公表した。

平均募集家賃 前年同月比上昇率TOP3(面積帯別)
平均募集家賃 前年同月比上昇率TOP3(面積帯別)(画像提供/アットホーム)

<全体概況>

それによると、マンションの平均募集家賃は、千葉県が全面積帯で前年同月を上回ったほか、大型ファミリー向きマンションは上昇傾向が続き、4エリア(東京都下・神奈川県・名古屋市・福岡市)が2015年1月以降最高値を更新。一方、シングル向きマンションは下落が目立ち、全9エリア中7エリアが前年同月を下回った。

2021年5月 全国主要都市における賃貸マンションの平均家賃(面積帯別)
2021年5月 全国主要都市における賃貸マンションの平均家賃(面積帯別)(画像提供/アットホーム)

アパートは引き続き首都圏の上昇目立ち、2カ月連続5エリア全てで全面積帯において前年同月を上回る結果となった。

2021年5月 全国主要都市における賃貸アパートの平均家賃(面積帯別)
2021年5月 全国主要都市における賃貸アパートの平均家賃(面積帯別)(画像提供/アットホーム)

<調査概要>
■対象全9エリア
首都圏(東京23 区、東京都下、神奈川県、埼玉県、千葉県)、宮城県仙台市、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、福岡県福岡市
■対象データ
不動産情報サイト アットホームで登録・公開された居住用賃貸マンション・アパート(重複物件はユニーク化)
■定義
・本調査では、入居者が1カ月に支払う「賃料+管理費・共益費等」を「家賃」としている。
・コメントでは、30㎡以下を「シングル向き」、30㎡~50㎡以下を「カップル向き」、50㎡~70㎡以下を「ファミリー向き」、70㎡超を「大型ファミリー向き」としている。

各エリアごとの詳細結果については、こちらよりPDFをダウンロードして確認できる。

                                                 株式会社寧広