修繕工事と修繕積立金の値上げを先延ばしにすることは有効か?~マンション事例調査から見る修繕工事費と修繕積立金値上げの実態New

大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社の分譲マンション総合研究所「マンションみらい価値研究所」は、「築40年を経過したマンションの修繕工事費の実績」、「長期修繕計画に基づいた積立金の改定」をそれぞれ事例に基づいて調査し、レポートにまとめている。

画像提供/大和ライフネクスト
画像提供/大和ライフネクスト

◎報告書1
築40年を経過したマンションの修繕工事費の実績(事例研究)

同社の管理受託マンションのうち、築40年を経過したマンションが現在に至るまで、どのくらいの修繕費用を支出し、どのように積立金を積み立ててきたのかの実例を調査し、分析。

◎報告書2
長期修繕計画に基づいて積立金の改定はされているか(事例研究)

同社の管理受託マンションのうち、築23~24年目付近のマンション(無作為抽出)で長期修繕計画に対して実際の工事はどの程度実施されているのか、長期修繕計画の見直しにあわせて積立金は改定されているのかの二点を調査し、分析。

■遅かれ早かれ築33年目までにある一定の修繕費用が必要

今回の対象マンション(築23年~24年)では修繕工事を長期修繕計画の予定よりも先延ばしすることで、「もしかすると将来の修繕工事は全体的に後ろ倒しできるかもしれない」という期待から積立金の値上げを延期している組合も多いと思われる。

もちろん建物診断等で良好と判断された箇所は適宜延期も検討すべきだが、報告書1のケースをみると、遅かれ早かれ築33年目までにある一定の修繕費用が必要と推測される。またその先の大型工事を踏まえると、少なくとも現在から30年先を見通せる長期修繕計画を用意し、具体的な積立金の改定計画を踏まえた実効性の高い資金計画を策定する必要がある。

■長期修繕計画をシミュレーションして見直しを

大和ライフネクストでは毎年約5000件の長期修繕計画の見直しを実施。そのノウハウを生かした長期修繕計画のシミュレーターを無料で公開している。

修繕積立金の値上げをするためには、まず現状を知るため長期修繕計画が必要だ。今後の修繕計画の立案や積立金改定目安の検討に活用できる。想定条件や注意事項等詳細については下記WEBページで確認を。

◎長期修繕計画シミュレーターはこちら
◎修繕コンサルティングに関するお問い合わせはこちら

                                                  株式会社寧広