ミレニアル世代がマンション購入時、最も参考にしたのは「Twitter」70.3% 他、SNSやブログの情報と回答

3Dコミュニケーションプラットフォーム『ROOV』を開発・提供する株式会社スタイルポートは、コロナ禍で居住用の新築マンションを購入した、東京在住の20~30代の人101名を対象に「マンション購入者の行動変容」に関する調査を実施した。

main

今回の調査では、ミレニアル世代のマンション購入時の情報収集において、SNSが主流となっていることが判明した。内覧のためにマンションギャラリーへ足を運ぶことが通例になってはいるものの、コロナ禍によってマンション購入時の説明もオンライン化に切り替わったケースも多く、わざわざ足を運びたくないという本音が垣間見える結果となった。

人生において大きな買い物となるマンション購入も、内覧自体がVR化するなど、時代の流れに合わせ購入のプロセスがより簡便なものへと変化していくと予想される。事業者としても購入者としても、新たな価値観や生活様式に対応したメディアや技術、サービスを柔軟に取り入れることが、時代に合ったスムーズな購買行動につながりそうだ。

■マンション購入の際に検討した媒体、「Twitter」が70.3%で最多

「Q1.あなたは、特定のマンションを具体的に購入検討した際に、どのような媒体を参考にしましたか。(複数回答)」(n=101)と質問したところ、「Twitter」が70.3%、「YouTube」が56.4%、「TikTok」が50.5%という回答となった。

「Q1.あなたは、特定のマンションを具体的に購入検討した際に、どのような媒体を参考にしましたか。(複数回答)」
「Q1.あなたは、特定のマンションを具体的に購入検討した際に、どのような媒体を参考にしましたか。(複数回答)」

■マンション購入でSNSやブログを参考にした方の96.8%が、SNSやブログで収集した情報は、マンション購入時の意思決定に「影響した」と回答

Q1で「SNS(Twitter、TikTok、YouTube、Instagram)」「ブログ」と回答した方に、「Q2.SNSやブログで収集した情報は、マンション購入時の意思決定にどの程度影響しましたか。」(n=95)と質問したところ、「かなり影響した」が54.7%、「やや影響した」が42.1%という回答となった。

「Q2.SNSやブログで収集した情報は、マンション購入時の意思決定にどの程度影響しましたか。」
「Q2.SNSやブログで収集した情報は、マンション購入時の意思決定にどの程度影響しましたか。」

■SNSやブログで情報取集した理由、「動画や画像とともに情報収集できるから」が63.2%、「リアルな口コミを見ることができるから」が54.7%

Q1で「SNS(Twitter、TikTok、YouTube、Instagram)」「ブログ」と回答した方に、「Q3.マンション購入に関して、特定のマンションを具体的に検討したとき、SNSやブログで情報収集を行った理由を教えてください。(複数回答)」(n=95)と質問したところ、「動画や画像とともに情報収集できるから」が63.2%という回答となった。

「Q3.マンション購入に関して、特定のマンションを具体的に検討したとき、SNSやブログで情報収集を行った理由を教えてください。(複数回答)」
「Q3.マンション購入に関して、特定のマンションを具体的に検討したとき、SNSやブログで情報収集を行った理由を教えてください。(複数回答)」

■SNSやブログで情報収集を行った理由、「手軽だから」や「デメリットが把握できるから」という意見も

Q1で「SNS(Twitter、TikTok、YouTube、Instagram)」「ブログ」と回答し、Q3で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q4.Q3で回答した以外に、マンション購入に関して、SNSやブログで情報収集を行った理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=95)と質問したところ、「手軽だから」や「デメリットが把握できるから」など45の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・39歳:手軽だから。
・26歳:デメリットが把握できるから。
・32歳:リアルな情報が得られると思ったから。
・26歳:探しやすいから。

■マンション購入時に「実際買った人のブログ」や「マンションコミュニティ」からの情報がもっと豊富に得られると便利という声

「Q5.マンション購入時に、どのような媒体からの情報がもっと豊富に得られると便利だと思いますか。(自由回答)」(n=101)と質問したところ、「実際買った人のブログ」や「マンションコミュニティ」など50の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>
・32歳:実際買った人のブログ。
・39歳:マンションコミュニティ。
・32歳:YouTube。
・29歳:ネットの不動産情報サイト。
・26歳:雑誌、テレビ。
・36歳:アプリ。

■9割以上が、マンション購入検討時に「マンションギャラリーに行った」と回答

「Q6.あなたはマンション購入検討時に、マンションギャラリーに行きましたか。」(n=101)と質問したところ、「行った」が92.1%、「行かなかった」が7.9%という回答となった。

「Q6.あなたはマンション購入検討時に、マンションギャラリーに行きましたか。」
「Q6.あなたはマンション購入検討時に、マンションギャラリーに行きましたか。」

■マンションギャラリーに行った際の不満、「マンションギャラリーに足を運ぶのが面倒」が57.0%で最多

Q6で「行った」と回答した方に、「Q7.マンションギャラリーに行った際に、不満に思ったことがあれば教えてください。(複数回答)」(n=93)と質問したところ、「マンションギャラリーに足を運ぶのが面倒」が57.0%、「訪問日時の調整や予約作業が面倒」が51.6%という回答となった。

「Q7.マンションギャラリーに行った際に、不満に思ったことがあれば教えてください。(複数回答)」
「Q7.マンションギャラリーに行った際に、不満に思ったことがあれば教えてください。(複数回答)」

■95.0%が、「全ての部屋タイプをVRで内覧することができたら、購入時の意思決定がもっとスムーズにいった」と回答

「Q8.具体的な購入検討物件に関して、情報収集・検討を行う際に、全ての部屋タイプをVRで内覧することができたら、購入時の意思決定がもっとスムーズにいったと思いますか。」(n=101)と質問したところ、「非常にそう思う」が45.5%、「ややそう思う」が49.5%という回答となった。

「Q8.具体的な購入検討物件に関して、情報収集・検討を行う際に、全ての部屋タイプをVRで内覧することができたら、購入時の意思決定がもっとスムーズにいったと思いますか。」
「Q8.具体的な購入検討物件に関して、情報収集・検討を行う際に、全ての部屋タイプをVRで内覧することができたら、購入時の意思決定がもっとスムーズにいったと思いますか。」

■マンションギャラリーで渡される資料、85.1%が「データ」を希望

「Q9.マンションギャラリーで渡される資料は、「紙」と「データ」どちらの方が良いですか。」(n=101)と質問したところ、「データ」が85.1%、「紙」が13.9%という回答となった。

「Q9.マンションギャラリーで渡される資料は、「紙」と「データ」どちらの方が良いですか。」
「Q9.マンションギャラリーで渡される資料は、「紙」と「データ」どちらの方が良いですか。」

■86.1%が、マンション購入時の説明をオンラインでも受けた経験あり

「Q10.あなたは、マンション購入時の説明をオンラインでも受けましたか。」(n=101)と質問したところ、「受けた」が86.1%、「受けていない」が13.9%という回答となった。

「Q10.あなたは、マンション購入時の説明をオンラインでも受けましたか。」
「Q10.あなたは、マンション購入時の説明をオンラインでも受けましたか。」

■まとめ

今回は、コロナ禍で居住用の新築マンションを購入した、東京在住の20代56名、30代45名を対象に「マンション購入者の行動変容」に関する調査を行った。

まず、特定のマンションを具体的に購入検討した際に、参考にした媒体を調査したところ、「Twitter」が70.3%、「YouTube」が56.4%、「TikTok」が50.5%という結果となった。続いて、「SNS」「ブログ」と回答した方の96.8%が、SNSやブログで収集した情報がマンション購入時の意思決定に「影響した」と回答した。

SNSやブログで情報取集した理由について尋ねると、「動画や画像とともに情報収集できるから」が63.2%、「リアルな口コミを見ることができるから」が54.7%、他にも「手軽だから」や「デメリットが把握できるから」という意見も挙がった。また、マンション購入時に「実際買った人のブログ」や「マンションコミュニティからの情報」がもっと豊富に得られると便利という意見もあった。

次に、マンション購入検討時にマンションギャラリーを訪れた人は9割強にも上ることが判明した。その一方で、マンションギャラリー訪問時の不満として「マンションギャラリーに足を運ぶのが面倒」が57.0%で最多に。

他にも、検討したい部屋タイプのモデルルームがない(35.5%)、渡される持ち帰り資料が多い(25.8%)という声も挙がった。さらに、95.0%の方が、「全ての部屋タイプをVRで内覧することができたら、購入時の意思決定がもっとスムーズにいったと思う」と、内覧のVR化に興味を示した。

加えて、マンションギャラリーで渡される資料については、85.1%の人が「データ」での提供を望んでおり、86.1%が「マンション購入に関してオンラインで説明を受けたことがある」と回答した。

■調査概要

調査概要:「マンション購入者の行動変容」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年2月4日~同年2月16日
有効回答:コロナ禍で居住用の新築マンションを購入した、東京在住の20代・30代の人101名
※20代前半から30代後半の年齢の人々を「ミレニアル世代」と定義して使用。

                                                株式会社寧広