『全国住みたい街ランキング2022』発表。福岡市、名古屋市が急上昇

株式会社ウェイブダッシュが運営するみんなでつくる地域応援サイト「生活ガイド.com」の「全国住みたい街ランキング2022」トップ100と地域別ベスト5を発表した。?

sub1

この住みたい街ランキング2022トップ100は、2021年4月1日~2022年3月31日の1年間で、生活ガイド.com会員20,878人が住みたい街として選んだ市区町村を集計したもの。

main

横浜市は、10回連続1位を獲得。2位と約1.7倍の票差をつけており、相変わらずの人気の高さを誇っている。また、名古屋市が7位から4位へ、福岡市が5位から3位へと順位を伸ばした。反対に順位が下がったのは、港区と世田谷区だった。

昨今、コロナ禍でテレワークが多くなり、通勤時間よりも家の快適度向上を求めて、郊外に転居する人が増えていると言われている。そこで、東京23区の人気低下と実際の人の動きが連動しているのではないかと考え、人口動態がわかる「転入超過率」と「全国住みたい街ランキング2022」を比較してみた。

2021年1月1日時点、2020年1月1日時点それぞれの転入超過率と差がわかるように増減を産出。転入超過率とは、転入者数から転出者数をひいて人口総数で割ったものに100をかけて算出した数値。

2019年12月頃から新型コロナウイルスの感染が拡大したため、2020年1月1日時点はほぼコロナ禍前、2021年1月1日時点はコロナ禍のデータと考え分析した。

sub2

増減(2021年-2020年)の数値をみると、全国の市区の平均値(※2)が-0.09に対し、上位2市は-0.05と平均値より低い数値。また、順位が下がった港区は-1.54、世田谷区は-0.62とマイナス幅が大きいことがわかる。

港区というと大使館が多く、外国人が多いイメージがあるため、外国人人口の影響がないか調べたが、2020年の1月1日から12月31日の人口動態の転入者計から転出者計を引いた数値が、+60となっており大きな増減ではないため、影響は少ないと判断した。世田谷区においても+320と影響は少ないと思われる。

他にも要因があるとは思われるが、この結果をみると新型コロナウイルスによって、人口の流動に変化がでており、「全国住みたい街ランキング」の順位にも影響を及ぼしている可能性があることがわかった。

今回は転入超過率のデータと「全国住みたい街のランキング2022」を比較してみたが、同社では今後も様々な角度から分析し、統計データとの関連性を研究していきたいとしている。

■調査概要
調査方法:インターネット調査
調査期間: 2021/4/1~2022/3/31
調査対象:生活ガイド.com会員20,878名
属性:
sub3

全国住みたい街ランキング2022 全国ランキング
※20位から100位までと、上位市区の選んだ街に住んでいる人、性別、年代の割合

全国住みたい街ランキング2022 地域別ベスト

                                                株式会社寧広